大腸がんの発症や転移を予防|医療機関で可能な治療方法

医者

がん検診の賢い受け方

悩み

女性がなる症状には乳がんなどがあります。これはがんでも有名で年配の方だけでなく、今では若い人にみられることです。そのため、定期的に検診に足を運ぶ必要があるでしょう。そうすることが早期発見となるからです。

この記事を読む

免疫力を利用した治療法

病棟

私たちの体内では、頻繁にがん細胞が誕生しています。しかし、免疫力によりがん細胞が増えるのを抑えているのです。そして、がんを抑えるために免疫力を利用した治療法が免疫細胞療法と呼ばれています。

この記事を読む

副作用のないがん治療

看護師

NK細胞療法は、がん患者自身の体内から取り出した免疫細胞であるNK細胞を使って行うがん治療です。自分の細胞を使うので副作用がないというのが大きなメリットです。最近ではより効果を高めるために、NK細胞を高度に活性化させて用いる高活性化NK細胞療法が行われるようになり、注目を集めています。

この記事を読む

大腸でのがん

男性

大腸のがんができた場合

大腸の主な役割は、食べ物が消化吸収され、その残ったものの水分などを吸収して、便として体外へ排出することです。排出する便には細菌なども多量に含まれているため、細菌に対しての防御的役割も担っています。大腸がんは早期では症状がでにくいことで知られています。大腸がんがある程度進行していると、血便や下痢、便秘などさまざまな症状がでることがあります。また、その状態が続くと出血が原因で貧血になってしまったり、腫瘍が大きくなってしまい、便が排出されにくくなります。そのため、腸閉塞状態になり、ひどい痛みや吐き気などの症状が出る場合があります。大腸がんの場合、肛門に近い部分にがんが出来た場合は症状が出やすく、症状に気付きやすい傾向もあります。

他の臓器にがんが移った

大腸がんが他の臓器に転移してしまうと、抗がん剤などで治すことはとても難しいといわれています。転移したがんの場合、手術することで転移したがんを切除できるものなのかどうかが重要です。手術により転移したがんをすべて取り除くことが可能ならば、治る確率が比較的向上します。ですが、すべてのがんを切除できないと判断される場合や、患者さんが切除する手術に耐えられる状態にないと判断された場合などは、抗がん剤などによる化学療法や放射線療法などを選択することもできます。がんを増殖を抑えることはできないといわれていますが、痛みを抑えることや、便通の改善などにより、患者さんの症状を和らげることを目的とした治療も行われています。

Copyright© 2015 大腸がんの発症や転移を予防|医療機関で可能な治療方法All Rights Reserved.